きちんと選びたい!結婚指輪の意味や選び方について

Posted on 11 of 3月, 2016 by

結婚指輪を身に付ける意味とは

結婚指輪のそもそもの由来をご存知でしょうか。指輪は強いパワーを備えたアイテムとして古代エジプト時代に身に付けられていましたが、愛し合う2人が結婚する証しに指輪を交換し始めるようになるのは古代ローマ時代と言われています。指輪は形が円になっているため、永遠の愛を象徴するものとして見なされました。指輪を交換することによって2人の愛が永遠であるという約束を交わすため、永遠に続く絆を意味しているとも伝えられていますよ。

結婚指輪にかかる費用はどのくらい?

結婚指輪を購入する際に気になるのが、やはりどのくらい費用がかかるかということではないでしょうか。一般的に、購入する価格を平均すると、2人分として23万円前後とされていますが、結婚指輪にこだわりを持つ人が増えているため、それに合わせて平均相場も上がっている傾向があります。また、結婚式が徐々に近づいてくると式の準備に慌ただしくなり、準備する時間も取りづらくなるので、挙式から7ヶ月くらい前から探し始めると良いでしょう。

既製品の他にセミオーダーやフルオーダーも

結婚指輪といっても、既製品だけでなくセミオーダーやフルオーダーすることも可能です。気を付けたいのは、たとえ既製品だとしても、指輪の内側に刻印したり、サイズの調整を行うのに3週間程度かかることです。また、セミオーダーはいくつかのデザインから好みのパターンが選べるオーダー法で、石や表面仕上げ、素材などアレンジすることができます。一方、デザインの段階から世界でも1組のみという個性派な指輪にしたいなら、思い浮かべているイメージをデザインにしてくれるフルオーダーという方法もあります。

最近は混同される事が多いですが、婚約をした際に左手の薬指に着用するものが婚約指輪で、結婚をした際に婚約指輪と同じ指に着用するものが結婚指輪です